MENU

Winery

ピノ・コッリーナの醸造手法。
グラビティ・フロー・システムとは

重力を利用した自然に逆らわない醸造手法。 機械による人工的な作業を極力減らそうとポンプすら使わない手法です。
ポンプによる移動に比べて衝撃が少なく、きわめて優しくぶどうやワインを取り扱えるため、
ぶどうの繊細な個性を損なわずに、エレガントで特色のあるワイン造りを可能にします。

ワインができるまで

収穫・選果しゅうかく・せんか

収穫・選果イメージ

収穫時期は9~10月頃。
収穫されたブドウの中からダメージを受けている等、悪い粒をはじきます。

除梗・破砕じょこう・はさい

除梗・破砕イメージ

房から果梗(かこう)を取り除きます。 破砕とはブドウ果汁を出す為に果皮を破ることです。

発酵はっこう

発酵もろみ
酵母
発酵イメージ

赤は果汁・果皮・果肉・種子の全てを、白は圧搾した果汁を、タンクに入れて発酵させます。

グラビティ・フロー・システム

圧搾あっさく

圧搾イメージ

タンクローリーのようにゆっくりと回るドラムの中は、風船のようなゴム状の袋が膨らむことによって圧力がかかり、ブドウの実が 押しつぶされる仕組みになっています。

滓引きおりびき

滓引きイメージ

タンクの底部にたまる澱と上澄みのワインを分別する工程へとすすみます。

貯蔵・熟成ちょぞう・じゅくせい

貯蔵・熟成イメージ

樽やタンクといった容器や熟成期間、温度などは目指すワインによって様々。

濾過・瓶詰ろか・びんづめ

濾過・瓶詰イメージ

フィルターでろ過を行い、 その後びん詰めをする。コルク打栓、ラベルを貼って完成。

館内マップ

ページトップへ